<< お義母さん来日 | main | メトリカ(出生証明書) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    ウズベク語の敬語の重さ

    0
      完全に独断と偏見ですけど、ウズベク語の敬語の重さって、日本語のそれとは違うような…

      妻が夫に喋る時は必ず敬語、夫から妻へは、結婚当初は敬語だったりするけど、ま、いつのまにか「おまえ」を使って喋るようになるみたいです。

      ウズベクではお見合い結婚が殆どな関係上、最初は互いにあまり知らないから夫から妻へもはじめ敬語なんだと思います。

      で、妻が夫に対して敬語使うというのは生涯変わらないのですが、今まで色々な家庭で遭遇した中年夫婦のやり取りなんかを聞いていると、日本語で敬語を使う対象には決して言えないような言葉を敬語を以ってして浴びせている?!と驚いたのです。

      例えば、ちょっとした言い合いをしていて(ケンカではない)

      妻「あなたキチガイですか!?」

      え、え、え、まぁ意訳したとしても頭おかしいんですか!?ってな感じ。
      このセリフよく聞くんです。

      夫に敬語で喋る間柄なのに、頭おかしいとか言っちゃうんだ〜。。。

      私の頭の中でどうなっているかと言うと、サザエさんのフネが波平さんに向かって「頭おかしいんですか!?」と怒鳴っている図。

      いやいや、変だやっぱりなにか違う!( ̄◇ ̄;)

      敬語を使ってはいるけど、別に言いたいことは言えるってことかな。
      それか、頭おかしいっていう事が別に失礼じゃない社会なのか…


      ちなみに、私達夫婦の場合はというと、最初は互いにウズベク語の敬語を使っていました。でも、いつの間にか気づいたら私はsenと呼ばれるようになっていました。

      私は相変わらず敬語。ウズベク語ではほかに選択肢ないから。でも日本語の場合はタメ口。フネさんじゃないんだからこの時代に夫に対して日本語で敬語なんか口から出てくるわけありません。

      なんか敬語の意味するところが違うんだろうな。自分でも自然に使い分けてるけど特になんの違和感もない。ノリとしては日本語のタメ口の時とウズベク語の敬語で話す時、私は同じ感じで主人に話しています。


      にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村
      posted by: MAYRAM | ウズベク語 | 08:41 | comments(2) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 08:41 | - | - |
        コメント
         
        2013/05/09 10:20 AM
        Posted by: yuriuz
        ああ、私はsenを最後まで使いこなせなかったんです(´Д` )
        もう小さな子にまでsiz(笑)!
        確かに現地の奥様方、使い分けはちゃんとしてても、内容的には相当ひどい事言ってますよね(^^;;

        そして、ショロとタンは知りません!何ですかそれ?
        ぜひ教えてください!
        ちなみにクルトップは「コルト」って耳で覚えてました。もう全く興味なくてスペルとかは確認した事なかったけど、本当はクルトップなのですね。
        2013/05/09 12:37 PM
        Posted by: MAYRAM
        yuriuzさま

        あ、でも誰にでもsizを使ってくれるいい人(?)もいますよね!赤ちゃんにもsiz使う人もいますし。嫁の場合は、自分が嫁いだより先にその家族で生まれていた子どもに対しては敬語を使わなくてはいけないんです〜。
        アグネスチャンみたいに最初に敬語を完璧にしておくと世渡りに有利ですよね(笑)

        ショロとタンはキルギスの飲み物だからやっぱりウズにないんですねー!!!オシュのウズベク人は飲む人多いです。恐ろしいことにクルトップの液体版のような・・・
        こんど詳しく書きます。なんか前聞いた話だと、タシケントとかではクルトって言うって。クルトップでもどっちでもいいみたいです。キルギス語なのかしら?そう考えるとオシュって文化が混ざっていて言葉もキルギス語から互いに影響を受けているのでもともとクルトップはキルギス語なのかもしれないです。