<< 昼間に電気をつけないウズベク人 | main | ジュマキュニの我が家 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    ウズベク語の方言

    0
      ウズベク語には方言があるとはっきり分かったのが今年タシケントの親戚の所へ行ったとき。

      タシケントの親戚はソビエトが崩壊した少し後くらいからタシケントに住んでいるのですが、出身はキルギスのオシュやウズベキスタンのアンディジャンなのでアンディジャン方言を話します。(オシュもアンディジャン方言)
      今よりキルギスとウズベキスタンの間の人の行き来は簡単だったらしいです。(旅行レベルではなくて、国民になるという意味での行き来)
      親戚はパスポート上でもウズベキスタンのウズベク人な訳です。

      私もウズベク語と言えばアンディジャン方言のウズベク語しか知らず、それは文学などにも用いられる標準語であるのですが、首都タシケントでタシケント方言が話されているので街で話す人たちの言葉が微妙に分かりにくく感じました。

      一方親戚たちにとっては、日本人の私がタシケントには無いアンディジャンの単語、方言で喋るので相当面白かったらしく、ゲラゲラ笑って楽しそうでした。

      関西弁喋るアメリカ人的な?(@-@)

      発音で何が一番違うかと言うと、カ行が、アンディジャン方言では キャ、キ、キュ、ケ、キョ、なんですがタシケント方言だとカキクケコみたいなんです。(不確か。違ったら教えてください)

      それで会話してるとまるで別の単語を言っているかのように聞こえて私としてはナニナニ?となってしまいます。(´・_・`)

      それから、一人称はアンディジャン方言ではmen 二人称はsen ですが、タシケント方言ではman 二人称はsanらしいです。

      映画とか見て知ってたのですが、実際にタクシーでペラペラ自分の生い立ちを話してる運ちゃんを見て、マン?とかサン!とか言われると一瞬なんのことやら分からなくなってタジタジ…

      他にもアンディジャン方言にはある単語が、タシケントでは発音が違うとかではなくてそもそも全く異なる単語だったりして、驚きました。

      確かに関東と関西でもあんだけの違いがあるなら当然かな!



      にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村

      posted by: MAYRAM | ウズベク語 | 08:55 | comments(2) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 08:55 | - | - |
        コメント
         
        2013/06/07 11:57 AM
        Posted by: yuriuz
        方言、私もかなりやられました(>_<)
        アダビィなウズベク語を習って行ったから、最初バザール行って現地の人のウズベク語を聞いたときは☆*#&☆\??みたいな感じになって(笑
        確かに自分のことマンって言いますね!マンギャベリーン!って何回言われたか...(何でも欲しがるウズベク人w;^_^A)
        現在進行形も違いますね。yapは使わずwonみたいな発音してました。これもビックリ!
        アンディジャン方言では、会話の合間の「でさぁー」とか「〜じゃーん?」みたいな時ってなんて言うんですか?デー?ダー?クー?
        2013/06/07 4:55 PM
        Posted by: MAYRAM
        yuriuzさま
        やっぱりそうですよね!配属前の研修では標準語を習うんでしょうね。マンギャベリーン!(≧∇≦)首から一眼ぶら下げてたんですか?笑 私はもっと威圧的に産後用骨盤ベルトをmenga berって言われましたwww
        なんか進行形違うって聞いたことあります!私進行形だと分かってなかったかも。でさぁ〜ってなんだろ?ウンダーみたいな?じゃんはキュー!ですよ!笑 タシケントでクーって言っててえっ!?って驚きました!さらに、ブハラかウルゲンチかなんかのラジオ聴いた時、ガギグゲゴ音が満載でこれまたかなりの衝撃でした笑