<< 自分撮りは当たり前 | main | ディルに虫がついた日 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    恐ろしい歯医者

    0
      一緒に来日して間もないある日、主人が歯が痛いと言うので見てみると、一見して分かるほどの虫歯が。
      ウソ…これ今までも痛かったはず。なんでキルギスで治療しなかったの?と聞くと、歯医者が怖いから。。

      私は歯医者で寝るほど痛みに強いので、敏感な人の気持ちがなかなか分からないのですが、ま、歯医者が怖い人は山ほどいるしねってことで来日早々即歯医者に行ってもらいました。


      そして、治療を終えた主人の顔、今でも忘れません。
      ぜんっぜん痛くなかった!!日本凄いなぁ。

      よく意味が分からないのでキルギスでどうだったのか聞くと、悪い歯はとりあえず全部麻酔もろくにせずに引っこ抜かれるとのこと。

      背筋がゾゾっとしました。

      あ、この話はオシュのうちのマハラの地元の歯医者の話であって、キルギス全体ではもっと進歩しているもちろん歯医者はいると思います。

      でも、ここで謎が解けました。
      地元のパリクリニカと呼ばれる総合クリニックでは、歯医者の部屋もあって、
      私がいたとき子どもが大騒ぎして部屋から逃げ出し親に引っ張られて部屋に入れられては脱走し、、を繰り返していたんです。

      怖かったんだね〜。

      私は将来キルギスに長く住むことを考えて、絶対虫歯を作らないように気をつけますっっ!



      にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村
      posted by: MAYRAM | キルギスでのこと | 12:41 | comments(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:41 | - | - |
        コメント