<< 気の遠くなるチチワラ〜〜〜 | main | 金歯がお好き >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    中央アジア人の顔

    0
      先日、いただいたコメントのご質問が、私のだーい好きな話題だったので、ワクワクしてしまいました。

      ?人種のるつぼである中央アジアで、見ただけで民族が判断できるか?

      ?キルギスの国境内に住むウズベク人はキルギスの習慣を取り入れているか?文化を享受しているのか?

      そういう疑問です。

      まず?について書いてみます。

      見ただけで分かるか?という件に関して、今の私は、「7割くらい当たります」!かつてはあんまり分かりませんでした。本当に色んな顔いるな…くらい。

      でも、学生のヒマな時代にそれぞれの民族が何処から来てどう混血したか、言語はどう影響を受けたか一生懸命調べることに時間を費やしたので、それからというもの、日本人の顔までも中央アジアのどの辺の顔立ちに近いか、勝手に電車の中で分類分けするほどになってしまいました。

      今はウズベキスタンに住むタジク人もタタール人も、キルギスに住むウイグル人も、ウズベク人も、キルギス人も大体パッと見てわかります。

      でもなぜ3割くらい予想が外れるかというと、キルギスにいるのにタジク人とロシア人のハーフだったりすると予想外なので分からないのです。それと、タジク人とウズベク人混血同士が更に結婚して子どもを生んだりしているしているサマルカンド人などは私には分かり難いです。

      それと、純粋なウズベク人を自称するのに、青い目で金髪の人など、やっぱりよくわからない。そればキルギス人にもいます。前キルギス人の中のサルーという部族出身だという女の子はやっぱり肌が真っ白で、目が緑色で、よくロシア人に間違われるんだーと言っていました。

      ただ、それぞれの民族の見た目の特徴というのはやっぱりあって、独断と偏見で羅列してみようと思います。断りを入れておきますが、差別的な意味は全くもってありません。

      《ウズベク人》
      ・眉毛が濃い(真ん中が生まれつき繋がっている人もいる)
      ・顔の骨格が丸い人もいる(ちょっとしたエラ)
      ・二重瞼
      ・睫毛が長い
      ・肌の色は様々
      ・目の幅が長い
      ・どことなく日本人に馴染みのある顔(外国人ぽくない顔っていう意味)
      ・年配のおばちゃんでも目がギョロっとしている(目力が怖い)
      ・女性がカラフルなスカーフを巻く

      《タジク人》
      ・ウズベク人よりだいぶ顔が濃い(日本人から見て外国人っぽい)
      ・顔が細長く、鼻が細く高い
      ・色が黒い
      ・髭も濃い
      ・目の堀が深い
      ・華奢な人もいる

      《キルギス人》
      ・日本人に似ている人もかなり多い
      ・男性はウズベク人やタジク、ウイグルにいないようなガタイがいいマッチョな感じの人と、華奢な人がいる。(多分元々は違う遺伝なんだと思う)
      ・一重瞼もいる
      ・頬骨が出ている
      ・日本人より目の幅が広いが縦の長さは長いとは限らない
      ・鷲鼻がいる
      ・色白でそばかすがあるような肌感の人がいる
      ・純粋キルギスで、青い眼や緑色の眼の人がいる
      ・年配のひとは目尻が下がって、目尻のシワがある
      ・シャイな雰囲気がある
      ・女性が白っぽいスカーフを巻く

      《ウイグル人》
      ・後天的なものだが男性がちょび髭を生やす
      ・ウズベク人に似ているが、更にアジア寄りな顔
      ・体が華奢な人もいる

      《タタール人》
      実際あんまり数を見ていないのでよく分からないけれど・・・
      ・かなり白人ぽい
      ・だけどロシア人じゃないよな〜と思った時はタタールだったり・・(適当)

      《ルーラ》(ジプシー)
      ・肌がとても黒い
      ・服がカラフル
      ・真夏も靴下を履いている
      ・元々インド北部出身(約1000年前)なので中央アジアの顔ではない
      ・言葉もトゥルク語ではない。ヒンドゥー語系列のドマリ語。
      ・イスラム教であるためスカーフをするが、眉上から後ろに向かって巻いている

      ついでに《日本人》
      (キルギスから帰国した時に、中央アジアで慣れた目から見た日本人の特徴)
      ・顔が平面的
      ・眉毛がまばら
      ・目の幅が狭いが縦は大きい人が多い
      ・肌がツルッとして綺麗
      ・奥二重


      ?の疑問について、基本的には国ごとではなくて、民族ごとの習慣で生活しているので、キルギスのウズベク人はウズベキスタンのウズベク人と同じ習慣です。

      ただ、細かい点で見ると、地理的にキルギス人の作るものをバザールで買える環境にあるウズベク人はそれを買うことがあるので、互いの文化の恩恵を受けている、と言えると思います。

      例えば思いついたのがTAH(タン)という飲み物。キルギスの夏の名物で、炭酸の効いた乳製飲料です。牛乳のように白く、なのに強い炭酸でしゅわしゅわしています。最初はウゲ!と思いましたが、意外とハマります!大学生の時アホな私は日本に持って帰って、開けた瞬間プシューっと半分以上噴き出してキッチンを水浸しにしました。おバカ〜
      キルギスの我が家も夏に飲みますが、おそらくウズベキスタンのウズベク人は飲まないと思います。(未確認)

      そう言う意味で、地理的に民族の交じり合う場所は互いに文化を享受し合っているでしょう!


      あ、そうそう、カザフ人はあまりたくさん見たことがないため私には分かりません!キルギス人に似ているなーってくらい。



      にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村
      posted by: MAYRAM | 中央アジア | 14:52 | comments(2) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 14:52 | - | - |
        コメント
         
        2013/07/17 3:13 AM
        Posted by: harumski
        なるほど〜。結構難しくて何度も読み返してしまいました。この定義からいくとやはり希子はウズベキスタン人なのでしょうね。イギリスで出会った女性が、確かキリギスタンとかカザフスタン(発音が良すぎて良く分からなかった。)とか言っていて、彼女はまさにアジア人。拙い英語で会話するよりもっと近い共通語がありそうな感じで。。とてもシャイで背も低く、眼も一重。私からするとモンゴル人のような、感じでした。なるほど〜彼女はキルギスタン人だったのね、と今更ながら納得しています。Mayramさんのするどい観察力で、将来できたらカザフスタン人についても研究して違いを教えてほしいです。。。
        2013/07/17 4:46 PM
        Posted by: MAYRAM
        harumskiさま

        モンゴルぽかったならば、間違いなくキルギスかカザフですね。モンゴル人と同じ血筋なんです。おっしゃる通り、日本語と中央アジアの言語は同じ膠着語で、文法が極めて似ていて、更には単語まで似ていることもよくあります。カザフ人の方がキルギス人よりベース顔という話がありますが、わたしもまだ分からない分野なので、情報収集していくつもりです&#9835;