<< ウズベクとキルギスの理想の友好 | main | ウミガメの卵 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    チェコスロバキア製だった

    0
      今日主人が日本に帰国しました。

      ソビエトの習慣かなんかで1年に休暇を1ヶ月取るのが当たり前の人たち、
      日本人から見たら休みすぎ・・・の一言ですが、
      主人にとっては2年ぶりの帰国だったこともあって1ヶ月ゆったり帰省してきてもらいました。

      先に帰ってきていた私はというと、主人の分の洗濯物が少ないとか、食事に気を遣わなくていい(思う存分日本食)とか楽な面もありつつ、とても心細くて夜中に目が覚めたりしていました。

      主人がまたお義母さんに杏子ジャムとかドライフルーツとか色々持たされて帰ってきたのですが、なぜか親類の形見の丼ぶり鉢を2つもって帰ってきました。



      最近のキルギスで見たことのない柄、大きさ。ちょうどラーメン入れるサイズです。

      手に持った感じとかも軽くて新鮮だったので裏を見ると、



      MADE IN C… メイドイン チャイナかな?

      もう一つの方をひっくり返すと、・・・アレ!??!



      MADE IN CZECHOSLOVAKIA

      チェコスロバキア??

      もうこの世に存在しないチェコスロバキアで作られた食器なのでした。

      いまオシュのウズベク家庭にある食器といえば、ウズベキスタン製か、中国製がほとんどで、たまにドバイ製なんかも見たことがあります。
      でもチェコスロバキアは・・?

      ソビエト時代は物の流通ルートも現代とかなり異なっていたのかな、なんて思いました。



      にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へにほんブログ村


      posted by: MAYRAM | 中央アジア | 00:55 | comments(2) | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 00:55 | - | - |
        コメント
         
        2013/09/15 11:25 PM
        Posted by: harumski
        チェコスロバキアですか!かなり遠いところとも流通があったということですね。私も20代の頃、チェコとスロバキアに3ヶ月近く放浪してたんです。。懐かしいな〜
        2013/09/16 3:43 PM
        Posted by: MAYRAM
        harumskiさま

        ええ?チェコやスロバキアに三ヶ月も!どんな所なんでしょう!気になります〜!ロシアがソビエトだった時はあちらの方面と手を組んでいたのでしょうね。ほんとに物がよくて、大きさの割に軽〜いんです。